ブログ

2014年4月10日 木曜日

[瓦礫を活かす森の長城プロジェクト]ドングリの成長記録

「瓦礫を活かす森りのプロジェクト」とは

東日本大震災で被災した沿岸部に、震災で発生した瓦礫と土を混ぜて
高さ5m程度の盛土を築き、その上にシイ・タブ・カシなど常緑広葉樹の
ポット苗を、多くのボランティアと地元住民とで植樹し、
「いのちを守る森や防潮堤」を築いていきます。植樹したポット苗は、
成長と共に瓦礫を抱いて地中深くまで根を張ることにより、
津波で倒れることもなく、約15~20年で高さ20~25mの立派な森となります。

『瓦礫を活かす森の長城プロジェクト』 http://greatforestwall.com/ 
『いのちを守る森の防波堤』 http://morinobouchoutei.com/?page_id=62




タカキグループでは、こちらのプロジェクトで使用する「どんぐりの苗木」を育て、
一定の大きさに育った後、被災地に送ります。

さて、今春各事業所にお願いした、ドングリの発芽状況は如何でしょうか?
発芽し始めた部署、まだの部署それぞれの様子ですが、愛情を持って育てて
生まれ故郷で、大樹に成長することを願いながらお世話を続けましょうbud

【 狭山事業所のドングリ】






【立野センターのドングリ】





【タカキ本店のドングリ】



【タカキホームのドングリ】-昨年度分



【タカキホームのドングリ】-今年度分




発芽し始めた部署、まだの部署それぞれの様子ですが、
愛情を持って育てて生まれ故郷で、大樹に成長することを願いながら
お世話を続けましょうbud

投稿者 株式会社タカキ