ブログ

2017年9月 6日 水曜日

かわいい後輩のお家をリフォームしました

皆様こんにちは  
経営企画室の長岡です。
今日は同じ部署で働く後輩の、K君の自宅を
リフォームしたので紹介したいと思いますsign01
                                                                                                       
K君の自宅は築28年で、つい最近
お風呂の交換工事をしたばかりなのですが
屋根と外壁が色褪せてきたことと、強い雨の際、
洗面所の窓枠から雨漏りがするとのことで
私に相談をしてくれましたgood

まず、現場を見てからでないと
工事内容が決まらないので
可愛い後輩の為
後日、屋根屋さんと塗装屋さんを連れて
現場調査に行ってきましたよrunhouse  
                                                    
外壁写真
                                       

屋根写真①                                          

                                       
屋根写真②

                                                                                                
外壁はパッと見、きれいに見えますが
下屋根の上の窓付近は塗装の剥がれが
確認出来ました(玄関扉の左上にある窓)
雨漏りしている部分も、この窓からとのことです。                                                                                             
これは梅雨入り前になんとかしないとマズそうだ・・・sweat01
                                                              
屋根はコロニアルという屋根材で
こちらも塗装の劣化が見られます。
特に飾り窓は木製だったので、
塗装劣化に加え木自体の腐れも見られました。                                                                                              
雨漏りの原因はこの飾り窓か、
外壁と屋根の取り合い部分から侵入した雨水が
外壁内部に流れ込んだ事で
発生しているっぽいですね・・・sweat02
                                                                                               
この屋根は過去に塗装を行ったとのことだったので、
今回は長期に渡って交換や塗装が不要なように、
「かわらS カバールーフ工法」をお勧めしました。
かわらSには「材料30年保証」が付いているので
40~50年は使えます。     

「カバールーフ工法」は既存屋根の上に
軽量な金属製の屋根材を重ね葺きする為、
既存屋根材の処分費がかからないうえ、
工期も短縮できますshine
又、既存屋根とカバールーフの間に
通気層が出来る為、小屋裏や2階の部屋の
夏の暑さも軽減できます。sun
                                                    
K君のご両親にこちらの提案内容で
了解をいただき早速工事を開始!
まずは足場の架設から始めます。         
                               
足場の架設写真


                                       
既存屋根へのルーフィング(防水紙)貼り工事
                                                                      
                                               
かわらS「カバールーフ工事」 
                                                                              

飾り窓のあった部分      
                                                                                         
※痛みの激しかった飾り窓は撤去し、
金属サイディングの重ね張りをすることにしました。
                                               
屋根仕上がり写真                                               
                                                
                                               
外壁・サイディング重ね張りをして完成!    
                                                                                                

写真だと伝わりづらいので残念ですが、
メチャメチャ綺麗になってますsign01
あと、一番問題だった雨漏りも
止まったみたいなので本当に良かったですsign03

屋根や外壁といった部分は、風雨に
一番晒される場所で躯体を守っているので、
定期的なメンテナンスをしないと、雨漏りをしたり、
躯体が腐食したりするので
とても大切な役割がありますhappy01                         

最悪の場合、大掛かりな解体や躯体の補強が
必要な工事が発生し、莫大な費用がかかることに・・・sign01   
一軒家をお持ちの皆さんは、定期的に
ご自宅をよく観察してみてはいかがでしょうか?

記 : 経営企画室 長岡隆二



投稿者 株式会社タカキ