ブログ

2020年12月29日 火曜日

名月の里 姨捨の棚田

姨捨駅から眼下に広がる、棚田を歩いてみましたnote



近くに車を駐めて、まずは長楽寺さんに
今回の旅の無事をお祈りしましょうsign01



とてもあたたかい雰囲気のお寺さんです。



左の岩の存在感が半端ないsign01



岩の上からの景色ですね。
階段があるので、登って行けます。



それでは棚田の方へ歩いてみます。



少し離れたところから見た長楽寺さんです。
やはり岩の存在感が半端ないですねsweat01



それにしても、景色が良くて
とても気持ちが良いですねsun



この時期、この棚田にはやはり、



カエルさんや、 



イモリさんがたくさんいました。
か、かわいい!!!



この棚田は田毎の月(たごとのつき)とよばれ、
田植え前の水の張った水田一つ一つに
月が映ることからこの名が付いたそうmoon3

田毎の月が初めて登場したのは、
狂言本「木賊」(1578年)らしいです。
まさに歴史を感じる風景。


棚田の十三景内の姪石に行ってみましょうnote



天気も良いせいか、
お地蔵さんもこころなしか気持ちがよさそうだsun



この棚田は、借りてお米を作れる
オーナー制度だそうです。
興味のある方は是非sign01



ここは日本で初めて文化財指定を受けた農耕地、
棚田がおりなす文化的景観だそうです。
いつまでもこの景色が見られるよう保全を図っています。
みなさんも是非、一度足を運んでみてください。



長野県千曲市 名勝姨捨(田毎の月)


投稿者 株式会社タカキ

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31