ブログ

2021年7月26日 月曜日

危うさと切なさを併せ持った芸術。砂の博物館。




砂の博物館にやってまいりましたsign03
ここは、私が1回は来たい場所だったので、
胸の高鳴りが半端ないですねshine



今回の砂像彫刻家の面々です。
カナダ、アメリカの人が多いようですが、
日本人も一人いますね。



この建物は本当に砂で造られているのか?って
いうくらい、すごく細かく作りこまれています。
建物らしい頑丈さがありますsign01



かといって、人や動物、
テントの布などは躍動感や柔らかさを感じますね。



これはすごく小さいものだったんですが、
ディテールが半端ないshine



広い館内にめいっぱい造られてるんです。



恐ろしい魔物のような像。
タコの艶めかしいような
足の作りがすごくないですか?



こちらも木の根っこや、
橋の模様などの仕上げ方がすごい。
妖精みたいなのがちらほら顔をだしているのが、
ファンタジックです。



これは、「ニルスの不思議な旅」ですね。
作品ごとに題名があるんです。



館内から2階に上がると、外に出られます。
外にも砂像が造られています。



外の景色はとても良い景色。
手前に森。
白い砂浜に青い海と空・・・。絶景です。



2階から見ると、砂像作品が一望できますね。



!!!!?
下で見ていた時は気づかなかったけど、
建物の中に女の子っぽいのがいますね。
あれはいったいなにをしてるのかな?



うおお!!?
すっごい見てますね。
「志村ーーー!後ろーーー!!」
と叫びたくなるくらい、後ろからガン見してます。

それにしても・・・



怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



ここ砂の美術館は年に一度、
新しいものに造り変えています。
その為、この写真の内容は
もう見ることが出来なくなっています。
永遠に保つことが出来ない、
儚い砂像だからこそ、感動と驚きを
我々に与えてくれるのかもしれませんね。

是非一度、砂の美術館に足を運んでいただき、
砂の彫刻を見ていただきたいですね。

鳥取県鳥取市 砂の美術館


投稿者 株式会社タカキ

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30